Area

北海道/東北

Project Title

なぜ今、暗黒舞踏なのか!「病める舞姫」なのか!土方巽の生地から問う

土方巽メモリアル30「病める舞姫」の里、秋田から世界へ

Year

2016

Content

image002.jpg

2016年は秋田市生まれの舞踏の創始者土方巽の没後30周年になる。2015年に続き、土方巽にゆかりの深い舞踏家による舞踏公演を行う。又、月例会「暗黒舞踏ノヨル」を継続開催。毎週1回「病める舞姫」の解読と朗読練習を行い、公演、月例会を通して朗読劇「病める舞姫」を上演する。前衛的、難解とされる舞踏や「病める舞姫」を一般市民である朗読会メンバーが自らの人生に照らし合わせ、秋田弁に翻訳したり、解読することで、解りやすいものにし、土方舞踏の今日的意義を世に問う機会とする。

Information

会期

4 月26 日(火)― 10 月15 日(土)

会場

秋田公立美術大学アトリエももさだ(秋田市新屋大川町12-3

WEBサイト

https://www.facebook.com/hijikata.tatumi.akita

お問い合わせ

tel: 018-864-1179
e-mail: hijikata-akita@live.jp

主催

NPO法人土方巽記念秋田舞踏会

後援

公立秋田美術大学、慶応義塾大学アートセンター

助成

独立法人日本文化振興会

団体名

NPO法人土方巽記念秋田舞踏会

団体プロフィール

世界のダンスの一潮流となった舞踏とその創始者土方巽を秋田の舞踏史と風土において再評価し、秋田を舞踏と土方巽の芸術の世界的な拠点とするために、舞踏、舞踊、美術、演劇、音楽、映像、文学など、様々な文化活動を行い、土方巽の舞踏を秋田の文化資源として位置づけ、広く秋田県内、ひいては国内外の文化、芸術関係者及び愛好家に働きかけることを基本理念とし2013年の設立以来、舞踏公演、写真展、講演、ワークショップ、朗読劇、バスツアーを組み合わせたイベントをこれまで7回開催、自主事業として、講演、朗読劇、パフォーマンスを組み込んだ月例会を11回開催、毎週水曜日、有志による「病める舞姫」の解読、朗読練習を2年間にわたって継続している。

団体設立年

2013年