Area

中国/四国

Project Title

町を編む

Year

2015

Content

P29_01_1908433_734149196675602_7993969839418798925_n.jpeg

倉敷市玉島での滞在制作とワークショップによる、町の方たちとの共同制作です。アーティスト宮田明日鹿(みやたあすか)氏をお招きし、かつてはどの家庭にもあった自動編み機とパソコンをつないだオリジナル機材を使い、参加される撮影者に、様々な玉島の風景を撮影していただきその写真にデジタル処理をしてニットの模様を編んでいきます。玉島のあちこちの風景や印象的なモノが編み込まれたニットが出現し、完成したニットは近隣住民の方に思い思いのアイテムに仕立ててもらうというプロジェクトです。最後には、参加された撮影者と、アイテムを仕上げた方が撮影場所で、仕上がった作品と一緒に撮影をします。暮らしの中に、玉島の光景を潜ませるような試みを行います。

Information

会期

7月13日~9月6日

会場

IDEA R LAB

WEBサイト

http://www.idea-r-lab.jp

お問い合わせ

gsfa.ysemi@gmail.com
(加藤)

参加アーティスト

宮田明日鹿(みやたあすか)

主催

グリーンファブラボ玉島β

助成

アート・ブリッジおかやま

協賛

倉敷芸術科学大学

協力

IDEA R LAB

団体名

グリーンファブラボ玉島β

団体プロフィール

グリーンファブラボ玉島βの活動拠点は、日本で初めてできたクリエイティブリユースの実験室IDEA R LABの中にあります。コミュニティーの中から出てくる廃材を収集・分類・保管・活用しながら、これまでになかったような創造的な使い方を模索するマテリアルライブラリーという別棟のスペースを中心に、メンバーはデジタルファブリケーションと廃材をつないでいく実験を行っています。
クリエイターや市民や学生を縦糸に、町の歴史・文化を、横糸にして、彩り豊かにコミュニティーを織り上げていくような試みを行いたいと考え活動しています。

団体設立年

2015年