Area

近畿

Project Title

己を祭れ

セルフ祭

Year

2015

Content

P24_S_01.jpg

セルフ祭は大阪の新世界•通天閣すぐ近くにある100 年を超える「新世界市場」を会場に、現在半数以上の店舗がシャッターが閉まった状態の市場の空き店舗を開放してアーティストや参加者に提供し出展や作品展示で賑わう「つくり人市場」や参加者が気軽にパフォーマンスを出来る「セルフ素人小屋」、アーケード全体を作品で覆う「吊りまつり」、市場の入口や空き店舗にステージを設置しミュージシャンやパフォーマーが出演する「セルフステージ」、新世界•通天閣周辺を仮装をして自作の神輿を担いで行進する「セルフ神輿」などのプログラムを中心に、市場の各商店と共同で祭を開催することで、新しい文化の創造と地域の活性化を目指す。

Information

会期

9月19日~9月21日(予定)

会場

大阪市浪速区恵美須東 新世界市場

WEBサイト

http://selfmatsuri.ojaru.jp/

お問い合わせ

07054358806
self.maturi@gmail.com

参加アーティスト

コタケマン(芸術)、気仙沼はるき(芸術)、ケイタタ(写真)、船川翔司(芸術)、石井大輔(芸術)、まこねはん(映像/創作)、岡内ゆり(音楽)、池田社長(音楽)、後藤真悠子(デザイン)、神田旭莉(映像)、神龍(伝統芸能)、他50組 参加予定

主催

セルフ祭実行委員会

助成

アサヒアートフェスティバル

協力

新世界市場連合組合

団体名

セルフ祭実行委員会

団体プロフィール

今年4 年目を迎えるセルフ祭は「OSAKA」特有の< 濃さ>< 笑い>< 表現方法> を 大事にしながら、
商店街全体を使って表現する特徴をモデルケースとし、「商店街を活 用した祭活動と町おこし」
の推進を提案する。アーティストや参加者が商店街に滞在 し制作することで、
商店主や地域住民とのコミニケーションを計り
商店街に人が循環 し、新しいアイディアやイベントなどを行い、地域に活気をとりもどす。
「祭」という参加しやすさや大衆性を意識し、幅広い参加者を募集することにより、
参加者同士が触発されるような環境を作り新たな繋がりをつくる。
セルフ祭を継続する ことにより商店街の知名度があがり、4 年で 5 店舗が新たにオープンしました。
この まま継続し、オープンした商店同士の活動でセルフ祭が商店街から追い出されることを期待する。

団体設立年

2012