Area

関東

Project Title

つくり、あそぶ、芸と農

オ田ワラ田アソビ

Year

2015

Content

P15_1-04_1.JPG

田んぼの収穫祭(12月)に向けて、民俗芸能の調査・交流・研究、民俗芸能を取り入れた現代の作品や、民俗芸能の他地域への移植等の事例についての勉強会、ダンスや衣装づくり等のワークショップを複数回開催する。収穫祭ではその集大成として、参加者それぞれの解釈によって自由に創作した田楽を披露し合い、批評し合うことにより、「アート」と「民俗芸能」のあいだを行き来する多様な視点をシェアし、そこで得たものを研究会および各個人の今後の活動へとつなげていく。

Information

会期

4月18日ー12月20日

会場

神奈川県小田原市久野

お問い合わせ

coming.dengaku@gmail.com

参加アーティスト

荒谷大輔、井関大介、井上弥奈美、梅澤妃美、奥本聡、鎌田華織、小手川望、斉藤成美、武田智彦、前田ゆきの(その他、企画の過程で増加予定)

主催

来たるべき田楽研究会

共催

NPO法人 リトルネロ・ファクトリー

協力

旧三福

団体名

来たるべき田楽研究会

団体プロフィール

一部の地方で今なお実践されている民俗芸能と、出自においてそれらとは無縁な現代日本人との新たな関係の開発を目的として、当会は活動している。近代の制度によって分断されている「アート」と「民俗芸能」を、両者のあいだを行き来するように、先行する様々な挑戦的試みに学び、自らも実践することで再検討し、持続可能な社会にふさわしいワザのあり方を模索するのである。