Area

関東

Project Title

まちを見る、私たちの目が「化猫」になる瞬間

シンブンシャ映画2015「化猫」

Year

2015

Content

P09_shimbunsha01.jpg

「町を化かす」 - このことが、2010年から私たちシンブンシャが行ってきた、さまざまなコミュニケーションの根幹にある。今回は、足尾町がその舞台のひとつとなっている古典文学「南総里見八犬伝」の一節『化猫』を引用し、映画をつくる、という筋書きのもとで、演じることと日常との境界を行き来するドキュメント映像作品を制作する「映画をつくる『映画』」プロジェクトである。地域の商店街での「縁日」やワークショップなど、さまざまな取り組みを行い、映像へとまとめていく。

Information

会期

5月3日ー11月30日

会場

栃木県日光市足尾町各所、ほか

WEBサイト

http://shimbun-sha.tumblr.com

お問い合わせ

090-2171-4878
shimbun.sha@gmail.com

参加アーティスト

映画制作:監督-荻原理羽、演出:佐藤るな、監修:岡田翔

主催

シンブンシャ・プロジェクト

後援

日光市、日光市教育委員会

助成

日光市(申請中)

協力

足尾商工会、WATARASE Art Project

団体名

シンブンシャ・プロジェクト

団体プロフィール

2010年に、一軒の元新聞配達店をアーティストがリノベーションしたことから始まりました。
「シンブンシャ」と名付けられたそのスペースには、自然なかたちで、町の人や子供たちが集まってきましたが、しかし「シンブンシャ」には、なぜその場所が生まれたのか、どのようにしていったらいいか、と言う方向性がありませんでした。
子供たちはいつからか、「私ならカフェにしてみる」、「みんなが集まれる公園のような場所にする」と、シンブンシャを勝手に動かし始めました。
対象として観光客に来てもらうこと、町の人の意見も取り入れる、など、いつの間にか「プロジェクト」のようになりましたが、シンブンシャは常に、子供たちや関わる人それぞれの目的を反映し一定ではありません。
今はとりあえず、不定期で実施する「カフェ・プロジェクト」を中心に、地域の植物を使った染め物や、映像制作などの拠点として、子供・大人・アーティストが、等しい立ち位置で出入りしています。

団体設立年

2010年