Area

全国各地

Project Title

「エラー」から考えるもうひとつの価値

余白ネットワーク "私の需要がある!"

Year

2014

Content

58_余白_01.jpg

本の使用跡を価値付けして販売する「余白書店」を継続。市場経済のシステムによってはじかれるエラーの価値について考える。その他、メンバーそれぞれにとって需要がある活動を行う。

Information

会期

4月1日(火)ー2015年3月31日(火)

会場

東京都文京区ほか

WEBサイト

http://akihabaranetwork.seesaa.net
https://www.facebook.com/Yohakunetwork

お問い合わせ

余白工事の会
090-1706-6933
akihabaranetwork@gmail.com

参加アーティスト

石幡愛、内田聖良、内田壮哉、冠那菜奈、小林橘花、コバヤシユカリ、多田衣里、ヨネザワエリカ ほか

主催

余白工事の会

団体名

余白工事の会

団体プロフィール

余白工事の会は、既存のシステムの中に、自分のための余白を作ろうとする個人(余白工事人)のゆるやかなネットワークです。東京、浜松、大垣、大阪、熊本で活動しています。私たちは、分野や地域を問わず、自分にとって当事者性のある物事に対して、誰に頼まれたわけでもない自分のための表現をはじめることを奨励します。無駄や不要を排除せず、ノイズを潜ませることによって、異なる価値観や目的を持つ人同士が一致団結することも抑圧しあうこともなく、共にいられる状態を作る実験を行っています。
これまでの作品・プロジェクトとして、電子パーツを間違った方法で使ってみる「はんだアクセサリー」(2011年~)、新しい街の使い方・遊び方を探る「余白散歩」(2011年~)、ひとつの場に異なる目的を持ち込む「作業日」(2011年~)、他人のやり方を享受する「かわりばんごはん」(2013年~)、無価値と思われているものに価値付けする「余白書店」(2013年~; 第19回学生CGコンテスト優秀賞受賞)など。