Area

北海道/東北

Project Title

僕らは同じ夢をみるー

ROAD TO 飛生芸術祭 2013

Year

2013

Content

A-01TOBIU CAMP.jpg

© Minako Sato TOBIU CAMP


飛生アートコミュニティーを拠点に活動する若手アーティストたちが中心となり、2009年から毎年「飛生芸術祭」を開催しています。都会の若者たちと地域の老若男女が集い、"同じ夢をみる"時間と空間の創出を目指し、開催前の数ヶ月に渡って"夢"の舞台となる森づくりや地元小学生との長期ワークショップ、美術教室の運営など、芸術を通じた交流を生み出しながら、創作活動を行います。
2013年はアーティストの表現のさらなる深化を目指すと同時に、住民30名あまりの過疎高齢化が進む飛生地区の新たなシンボルとなるトーテムポールを制作するほか、地域の歴史や記憶を掘り起こしアーカイブ化するプロジェクトをスタートさせます。

Information

会期

4/28(Sun.)-9/15(Sun.)

会場

飛生アートコミュニティー(旧飛生小学校)(北海道白老郡白老町字竹浦520)、竹浦小学校(北海道白老郡白老町字竹浦197)

WEBサイト

http://fes.tobiu.com/2013/
http://www.www.tobiu.com/

お問い合わせ

飛生アートコミュニティー
contact@tobiu.com

主催

飛生アートコミュニティー

共催

公益財団法人北海道文化財団、TOBIU CAMP実行委員会

後援

北海道、北海道教育委員会、白老町、白老町教育委員会、アイヌ民族博物館、白老観光協会、白老町商工会、白老青年会議所、虎杖浜竹浦観光連合会、北海道新聞苫小牧支社、苫小牧民報社、室蘭民報社、読売新聞苫小牧支局

助成

コープ 未来(あした)の森づくり基金、白老町みんなの基金事業

協賛

<通年の飛生アートコミュニティーの活動に対する協賛>

◎白老町内 
株式会社アビーロード、株式会社ケイホク、北昭興業株式会社、毛笠コンクリート株式会社、鈴木商事株式会社、株式会社鈴木ホーム、車の病院 協栄自工有限会社、心のリゾート 海の別邸ふる川、アンティークショップ36号線、スーパーくまがい、有限会社 蒲原水産、きのこの北光、一般社団法人 白老観光協会、株式会社白老造花社、白老町商工会、すずき歯科、タナカ・ライフクリエイト、ハリマ化成株式会社、パンとお菓子の店 Malcove、有限会社フォーレ白老、アヨロ温泉、ホテルいずみ、ウエムラ牧場、牛の里、有限会社前田畜産、レストランカウベル、地栄の和、加藤石材株式会社、サンオート新田自工・ダイハツ白老、有限会社 塚原鉄工所、道南綜合土建株式会社、はくねん宅建、はしもと珈琲館、白老たまごの里 マザーズ、ヤマダリビング、居酒屋いちひろ、有限会社小幡商事、協同組合しらおいきのこファーム、虎杖浜竹浦観光連合会、白老ガス株式会社、合資会社白老自工商会、白老石油株式会社、セブンイレブン白老萩野西店、株式会社 太陽不動産、日本郵政株式会社竹浦郵便局、ろばた池田、シオヤ トモキ、本間 力

◎白老町外のサポーター
道都大学、日本工学院北海道専門学校、北海道新聞石井販売所、北海道造形美術学院、株式会社シナプス、株式会社 北日本広告社、関自動車販売、ALLORA、cafe&food キーウエスト、ダンディライオン、苫小牧民報社、株式会社ノーザンクロス、POM MERAIE、若井聡

協力

アヨロ温泉、NPO法人ウヨロ環境トラスト、大浦木材株式会社、株式会社ケイホク、白老愛泉園、しらおい産直センターLLC、鈴木建設株式会社、大昭和紙工産業株式会社、竹浦物産竹材店、武田牧場、飛生町内会、ニチモクパレット株式会社 白老工場、日鉄鉱業株式会社 北海道支店 白老チップ工場、日本製紙株式会社 北海道工場 白老事業所、東日本ウッドワークス北海道、北海道新聞阿部販売所、北海道新聞稲垣販売所、北海道新聞熊谷販売所、北海道新聞紺谷販売所、北海道新聞中村販売所、北海道新聞荻野販売所、北海道新聞藤井販売所、北海道新聞本多販売所、山下牧場

カテゴリー

パフォーミング・アーツ、ワークショップ、美術、音楽

団体名

飛生アートコミュニティー

団体プロフィール

児童数の減少により廃校となった旧飛生小学校の木造校舎を共同アトリエとして活用し、メンバー相互の芸術研鑽に努めるとともに、地域の芸術文化へ寄与することを目的としている。近年は、若い世代のアーティストに加え、都市部の若手アーティストや多方面で活躍する様々な人々が集結し、「飛生芸術祭」、「飛生の森づくりプロジェクト」、「白老滞在型ワークショップ」、「美術教室いろどり」などを実施している。


メンバー数:事務局3名、総参加数は約60名(地域住民、地域外のアーティスト、若者、中高年)

団体設立年

1986年(現体制になったのは2011年)