AAF体検索

Loading

20近畿

足元の宝を掘り起し未来につなぐ

お寺を拠点とした一乗谷文化資源リサーチ&発信プログラム

Asahi Art Festival 2016

20_01.jpg

一乗谷は歴史・文化資源の豊富な場所であるが、過疎化が進みコミュニティの存続が危惧される状況にある。地域の豊かな資源を次世代につないでいくために、地域に残る伝統行事や、それにまつわる人の技術などの文化資源を調査しアーカイブ化する。その過程で、地域の人から聞き取りを行い、人々の記憶や思いを拾い上げる。また活動拠点としてはお寺を使い、外部のアーティストや学生の参画を得てワークショップやコンサート、展示等を行い、地域内外の交流を図る。お寺での活動を継続しながら、かつての地域社会でお寺が担っていた、交流や文化創造の場としての役割を取り戻す試みを進める。

プログラム詳細

会期

5/01〜12/31

会場

一乗谷の鹿俣町集落他(福井市鹿俣町)

お問い合わせ

e-mail: souzounotani@gmail.com

主催

一乗・創造の谷プロジェクト

協力

一乗公民館、一乗地区自治会連合会

団体名

一乗・創造の谷プロジェクト

団体プロフィール

一乗谷は、歴史文化をはじめ、自然、農、食、人、暮らしの知恵、伝統的な行事などの文化資源を有する場所である。その一方で、過疎・少子高齢化が進み、コミュニティの存続が危惧される状況にある。地域の文化資源の持つ魅力を掘り起すとともに、アートを通じて内外の人々の交流を促すことで、地域が創造的な場になることを目指し活動している。

団体設立年

2013年