AAF体検索

Loading

04北海道/東北

心には記憶という宝物が生きている

南三陸みんなのきりこプロジェクト&三陸海の盆のきりこ行灯

Asahi Art Festival 2016

ENVISI事前.002.JPG

町民の暮らし、生業に物語を見つけ出し、切り紙でそれをシンボライズする形を造形する。町の人々とともに制作したその切り紙を軒先に飾って、人々の物語を共有し讃え合う。まだ、人々の生活は仮設住宅、仮設店舗で営まれており、復興への道はまだ遠い。ともすれば日々の暮らしに追われ、振り返ることもなくなっている被災前の暮らしの中に息づいていた数々の記憶。それを新たな町に語り継げるよう地道に取り組む。その切り紙で、8/27に行われる「三陸海の盆」のステージを彩ると共に、「きりこ」行灯に火を灯し、鎮魂の祈りを捧げるとともに、苦難に負けずにがんばっている町の人々の姿を確かめ合う空間を創り出す。

プログラム詳細

会期

きりこ制作日:7/3(日)・7/16(土)・8/5(金)・8/6(土) ・8/15(月)・8/16(火)・8/17(水)・8/18(木)
飾り付け作業日:8/19(金)・20(土)・21(日)
展示期間:8/22(月)〜9/11(日)
スペシャル展示:三陸海の盆in南三陸 8/27(土)10:00-21:00

会場

南三陸町全域
8月27日(土)のみ志津川仮設魚市場
南三陸町志津川字旭ケ浦8

WEBサイト

http://www.envisi.org

お問い合わせ

e-mail: envisi@da-ha.jp

参加アーティスト

南三陸町住民、ボランティア有志

主催

ENVISI、三陸海の盆in南三陸実行委員会

共催

南三陸町観光協会、三陸海の盆in南三陸実行委員会、南三陸福興市実行委員会

後援

南三陸町 

協賛

南三陸さんさん商店街、歌津伊里前福幸商店街

団体名

ENVISI(エンビジ)

団体プロフィール

ENVISION(想像する・思い描く)から命名したENVISI。アートの力でまちの見えざる価値、人と人との間に見えざる絆をつなぎ、新たな活力を産み出すことを目的に活動している。東日本大震災で南三陸町の町が流失してからは、アートを通して復興支援を行っている。“生きる”博覧会と銘打ち、多様なプロジェクトを実施。「きりこプロジェクト」で、2013年度ティファニー財団賞伝統文化振興賞を受賞。

団体設立年

2009