AAF体検索

Loading

P-14関東

まちは文庫なのかもしれない

国立文庫プロジェクト

Asahi Art Festival 2015

P14_kunitachi_01 小.jpg

普段見聞きすることが出来ない、一般の人々が暮らしの中から紡ぐ物語、つまりまちで実際に日々起こっている出来事を収集することで、まちが持つ多面性を浮き彫りにしたいと考え,2014年に「国立文庫 文庫目録」を発行、市内の書店や、公共機関などで無料配布しました。「今まで見た事のなかった国立」を広く市民間で共有してもらいながら、現在、過去、未来の国立について考えるきっかけを作ることができればと考え活動しています。とかく開発に頼りがちな「まちづくり」ですが、私たちは今回のプロジェクトを、まちを新鮮に感じ、豊かに暮らしていくための新しい方法「まちづくりの一歩手前の活動」としても捉えています。

プログラム詳細

会期

5月1日ー11月30日

会場

東京都国立市広域

お問い合わせ

090-8516-9424
takeyokimura@hotmail.co.jp

主催

国立文庫編集室

助成

アサヒアートフェスティバル2015

協力

国立本店

団体名

国立文庫編集室

団体プロフィール

国立文庫プロジェクトは2014年に「国立文庫 文庫目録」を発行しました。今年度はプロジェクトをさらに継続していくことで「まちの魅力の再発見」「地域アイデンティティー醸成への足がかり」といった目的の強度を増していくステージと考えています。具体的には「国立文庫 文庫目録」の重版、トークショー、ワークショップなどの関連イベントを国立市内で行い、まちがもつ多面性について共有しあえる場を多く作っていきます。