AAF体検索

Loading

P-13関東

Do the Right Thing

the cookbook of KURIYA: always "do the right thing"

Asahi Art Festival 2015

P13_3dialogue.JPG

インターカルチュラル(在住外国人、移民、日本人等)の若者達と共に、多様性のポテンシャルを考察する3カ年プロジェクトの1年目。2015年はリサーチとして、写真やトークセッション等を通じ多文化な若者達やそのコミュニティの現状についてアート活動を通じて可視化する。また、定時制高校、夜間中学等等のコミュニティに属する若者達にとって、アートを通じた社会参加の機会となる事を目指す。国も文化も言葉も異なる多様なメンバーがアートを軸につながり、時間と記憶を共有する新しいコミュニティを作る試みを通じて、多様性のポテンシャルを考える。

プログラム詳細

会期

6月1日ー2016年3月末

会場

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-32-10

WEBサイト

https://www.facebook.com/ShinjukuArtProject

お問い合わせ

shinjukuartproject@gmail.com

参加アーティスト

T.K(photographer)、Avinash Ghale(web designer/videographer)、可児拳哉(videographer)、兪 彭燕(writer)、Lisa Hosokawa(facilitator/educator)

主催

新宿アートプロジェクト

後援

新宿区(打診予定)

協力

新宿区立大久保図書館(打診予定)

団体名

新宿アートプロジェクト

団体プロフィール

私たちは違う国で生まれ、異なる文化で育ち、それぞれの人種も異なります。しかし、それらの「違い」は一緒に何かを成し遂げるための妨げになるものではありません。むしろ、私たちはこの“多様性”こそが 私たちの生きる社会をより一層ゆたかにしていくチカラであると信じています。異なるもの同士でありながらも、アートを通じて記憶を共有し、人と人とをつなげ、異質であることを楽しいと思えるように。新宿アートプロジェクトは人の心の糧となるようなアート体験を提供していきます。2008年 (独)国際交流基金先駆的・創造的事業「新宿区との連携事業」に採用後、ブラジル人学校や定時制高校などの教育機関と連携し、映像制作、写真、ストリートダンス・パーカッション、音楽のワークショップを実施。2012年度・2013年度新宿区協働事業採用。丸の内朝大学、日仏学院等で活動発表。