AAF体検索

Loading

E近畿

夏の大山崎山荘で出会う美術館の「顔」たち

アサヒビール創業120周年記念「かおかたち無限大」展─顔ってなんだろう? 見つめていると、きっと何かが見えてくる...

Asahi Art Festival 2009

美術館の顔ともいうべきモディリアーニ、ゴッホ、河井寬次郎など珠玉の名品から愛すべき隠れた顔まで、一挙にご紹介する展覧会です。
「顔の表情には無限の広がりがある」「かたちの中には無限の顔が隠れている」という二つの"顔"の意味をテーマとして掲げ、所蔵品を中心に多彩な作品をご覧いただきます。
また、普段見過ごされがちな館内のレリーフや庭園の彫刻など、山荘の名脇役にスポットを当てたスタンプラリーを会期を通じて実施し、受身だけでは終わらない作品鑑賞の可能性を提案します。

[E]photo2.jpg

プログラム詳細

会期

6/10(水)-8/30(日)
※第2・4土曜日ギャラリーツアー開催(11:00大人対象/14:00子ども対象)
一般700円、高校生500円、小・中学生無料、身障者手帳をお持ちの方300円
※20名様以上の団体料金あり

会場

アサヒビール大山崎山荘美術館(京都府乙訓郡大山崎町銭原5-3)

お問い合わせ

アサヒビール大山崎山荘美術館総合案内
tel: 075-957-3123(総合案内)

電車でのアクセス

JR京都線「山崎」または阪急電車京都線「大山崎」下車、徒歩約10分(500m) 
※身障者・高齢者優先バス(無料)あり 

車でのアクセス

●名神高速の「大山崎IC」から約5分。
●淀川の南岸からの場合枚方大橋(枚方以西)又は天王山大橋か宮前橋(八幡・淀方面)を渡り171号線へ。
※専用駐車場無し。(1)、(2)町営駐車場 24時間営業 150円/時間

会場までの地図

参加アーティスト

展示作品: モディリアーニ『少女の肖像』、ゴッホ『窓辺の農婦』、モネ『睡蓮』、ミロ『人物』『女性』『顔と鳥』、河井寬次郎陶芸作品、蘭花譜ほか約100点

主催

アサヒビール大山崎山荘美術館