AAF体検索

Loading

7関東

美術でなければ形にならなかったものの中へ

わたらせ渓谷鐵道 現代美術展 ワタラセアートプロジェクト2009

Asahi Art Festival 2009

2006年からの3年間の活動をひとつの区切りとし、「地域」と「アーティスト」がともに「育つ」プロジェクトとして新たな方向性を模索している。

わたらせ渓谷鐵道沿線を三つのエリアに分け、春・夏・秋冬と、順次開催。「都市」「里山」「銅山」といった特徴の違うエリアを、1年を通してアートプロジェクトが移動して行き、それぞれに特化した「美術の在り方」を試行する。
地域という限定性を超えて、離れたモノをつなぎとめ、新しいコトをつむぎだす、アートプロジェクトの本質的な実践として。

写真: 足尾銅山赤倉精錬所 ⓒRina Hizatate

2009wap-photo.JPG

プログラム詳細

会期

[KIRYU/OHMAMA] 2009年5月1日〜5月10日 ※終了しました。
[AZUMA] 2009年8月8日〜8月23日(月曜休み)
[ASHIO-NIKKO] 2009年10月10日〜12月6日(土日祝祭日のみ公開)

ワタラセアートプロジェクト2009は年間3回の会期を予定しています。
各会期についての詳細情報はホームページをご覧ください。
また、一部会場/イベントは事前予約が必要な場合があります。

会場

[AZUMA]
旧桑原利平マンガン工場/銭湯千代乃湯/旧花輪小学校/今泉嘉一郎邸/小夜戸地区各所/沢入-旧内田邸/沢入-旧松島邸/足尾銅山渡良瀬社宅群/ほか
[NIKKO-ASHIO]
足尾銅山社宅群(渡良瀬社宅/中才社宅/原向社宅)/Gallery BOCLA(仮)/赤倉-旧マルサン食堂/ほか

お問い合わせ

WATARASE Art Project
e¥mail: info@watarase-art-project.com

電車でのアクセス

[わたらせ渓谷鐵道 大間々駅]※インフォメーション
(群馬県みどり市大間々町大間々1375)

JR上越新幹線 高崎駅→(JR両毛線 小山行き)→桐生駅→(わたらせ渓谷鐵道 大間々/間藤行き)→大間々駅
★所要時間:高崎駅から約60分

空港からのアクセス

[わたらせ渓谷鐵道 大間々駅]※インフォメーション
(群馬県みどり市大間々町大間々1375)

<鉄道を利用>
羽田空港→(京浜急行/都営浅草線直通)→浅草駅→(東武鉄道 特急「りょうもう」号)→相老駅→(わたらせ渓谷鐵道 大間々/間藤行き)→大間々駅
★所要時間:約3時間

<高速バスを利用>
羽田空港バス(http://hanedabus.jp/)
羽田空港 第2/第1ターミナル → JR桐生駅南口
★所要時間:約3時間20分
※羽田空港出発が17時以降のみのため、桐生駅周辺でホテル等への宿泊をオススメします。

車でのアクセス

● 佐野・藤岡I.Cから大間々駅へ
(群馬県みどり市大間々町大間々1375)
東北自動車道「佐野・藤岡I.C」から国道50号線で伊勢崎/桐生方面へ。
「岩宿」から国道122号線で大間々駅へ。
★所要時間:約45分

● 宇都宮I.C→清滝I.Cから足尾駅へ
(栃木県日光市足尾町掛水6)
東北自動車道「宇都宮I.C」より日光宇都宮道路へ。
清滝I.Cより国道122号線で足尾駅へ。
★所要時間:約60分

<ご注意>
ワタラセアートプロジェクト2009の各展示会場には駐車場がありません。桐生駅/大間々駅の有料駐車場/足尾駅前の広場をご利用ください。

会場までの地図

参加アーティスト

穴村崇、石井香菜子、上原和美、上地正彦、梅木隆、小川剛、小鷹拓郎、清水信幸、羽山まり子、平岡直子、膝館理奈、古里麻衣、皆川俊平、門眞妙、Emma Dusong、ほか約40名

主催

WATARASE Art Project - WAP実行委員会

 

 

レポート

th_wap01.jpg

th_wap02.jpg

2006年に東京芸術大学・東京造形大学の学生で発足。現在は20代〜30代前半の若手アーティスト、また複数の美術系大学の学生が参加し、アーティスト・ランのプロジェクトとして活動している。

是非立ち寄ってほしい、我が街の見所!

おすすめのアクセス

[わたらせ渓谷鐵道 大間々駅]※インフォメーション
(群馬県みどり市大間々町大間々1375)

[オススメ:1]
浅草/北千住駅→(東武鉄道 特急「りょうもう」号)→相老駅→(わたらせ渓谷鐵道 大間々/間藤行き)→大間々駅
★所要:約2時間

<わたらせ渓谷鐵道 各駅へ>
[花輪駅]大間々駅より、わたらせ渓谷鐵道で約25分
[沢入駅]大間々駅より、わたらせ渓谷鐵道で約45分
[足尾駅]大間々駅より、わたらせ渓谷鐵道で約60分
※ 各会場は駅より徒歩5分程度です。期間中、駅にはインフォメーションを設置し、スタッフがご案内いたします。なお、わたらせ渓谷鐵道線内ではSUICA/ICOCAなどのICカードはご利用いただけません。また、わたらせ渓谷鐵道は運行本数が少なく、事前に時刻表をお調べのうえ、ご来場ください。

●わたらせ渓谷鐵道ホームページ(http://www.watetsu.com/)

[オススメ:2] 関西方面からの夜行バス
日本中央グループ シルクライナー(http://www.ncbbus.co.jp/index.htm)
京都/奈良/大阪/金沢/名古屋→JR桐生駅南口

街並み

<足尾銅山 赤倉製錬所/通洞選鉱所/銅山社宅群>
・赤倉製錬所:わたらせ渓谷鐵道終点「間藤駅」から徒歩25分
・通洞選鉱所:わたらせ渓谷鐵道「通洞駅」から徒歩15分

足尾町各所に点在する銅山施設群は、渡良瀬の自然に隠された、近代化が残した負の遺産である。と、同時に、私たちに近代史の真意を問いかけてくる風景である。なお施設内部は一般公開していない。

・銅山社宅群(渡良瀬社宅):わたらせ渓谷鐵道「足尾駅」から徒歩5分

足尾町内各所に今も残っている、銅山時代の鉱夫住居跡。往時の生活感そのままの「プライベート」な記憶の積み重なった空間であり、これまで一般に公開されたことない鉱夫たちの生活の様子を想像することができる、重要な遺産である。
2007年以降、ワタラセアートプロジェクトの展示会場として公開している。なお2009年度は、8/8〜8/23、10月中旬〜11月中旬の2回に分けて、展示会場として公開する。

足尾銅山の施設群に関しての問い合わせ
WATARASE Art Project 事務局
Mail:info@watarase-art-project.com

自然

<わたらせ渓谷鐵道:トロッコ列車>
わたらせ渓谷鐵道 大間々駅

住所:群馬県みどり市大間々町大間々1375
電話:0277-72-1117
http://www.watetsu.com/

わたらせ渓谷鐵道を語るうえで欠かせないのは、目の前に迫る渓谷の美しさである。かつて鉱毒で汚染されていた渡良瀬川の水は、今は澄み渡る美しさで、各駅それぞれに全く異なった表情を見せる。
渓谷の自然を満喫するには「トロッコ列車」がオススメ。
トロッコ列車はおもに土日を中心に運行。運賃とは別途、整理券(\500)が必要。なお、乗車日の1ヶ月前より事前予約ができる。詳しくはわたらせ渓谷鐵道ホームページにて。

近くのアートスポット1

富弘美術館

住所:群馬県みどり市東町草木86
連絡先:0277-95-6333
http://www.tomihiro.jp/

わたらせ渓谷鐵道沿線在住の画家、星野富弘氏の作品を専門に扱う美術館。わたらせ渓谷鐵道の神戸(ごうど)駅からバスで15分ほど。草木湖のほとりに建つ。
建築/設計:ヨコミゾマコト

近くのアートスポット2

大川美術館

住所:群馬県桐生市小曽根町3-69
連絡先:0277-46-3300
http://www.kiryu.co.jp/ohkawamuseum/default.htm

松本竣介・野田英夫など、明治以降から現代までの日本の洋画を中心にコレクションしている。
最近では、石内都をはじめ桐生、群馬出身の現代美術家にスポットを当て、積極的に企画展を開催している。
わたらせ渓谷鐵道桐生駅より徒歩20分ほど。

近くのアートスポット3

日光東照宮、ほか世界遺産群

住所:栃木県日光市山内2301(東照宮)
連絡先:0288-54-0560(東照宮)
言わずと知れた世界遺産群。
意外と知られていないが、足尾町と日光世界遺産群は車で30分ほどの距離にあり、日本の中世から近代史の光と影を実感できる。
なお、足尾駅前から一日に4本ほど、JR日光駅行きのバスが出ている。詳しくは日光市ホームページ(http://www.city.nikko.lg.jp/index.html)より、日光市営バス時刻表をご覧ください。

おすすめモデルコース

[WAP2009 in AZUMA 日帰りコース]所要時間:1日間
★ポイント:1日でポイントを押さえ、各展示会場を効率よく回る

大間々駅下車:大間々会場散策(旧桑原利平マンガン工場、ほか)
※大間々駅にインフォメーションがあります。
 ↓
(大間々駅より)
花輪駅下車:花輪会場散策(旧花輪小学校、ほか)
※花環駅に総合インフォメーションがあります。
 ↓
(徒歩で移動)中野駅:小夜戸地区 会場散策
 ↓
中野駅→沢入駅下車:沢入会場散策(旧内田邸/旧松島邸、ほか)
 ↓
水沼駅下車:水沼駅温泉センターで入浴
もしくは、大間々駅下車:銭湯千代乃湯へ

※ 全展示会場/全作品のご観覧には2日間を要します。
※ 大間々駅よりトロッコ列車をご利用の場合、花輪駅へは停車しません。ご注意ください。


[WAP2009 in ASHIO-NIKKO世界遺産コース]所要時間:2日間
★ポイント:秋-冬会期にて、足尾と日光の関係性を体感する

<1日目>
浅草/北千住駅→(東武鉄道 特急「スペーシア」号)→下今市駅→(東武鉄道 日光線)→東武日光駅(所要:約2時間30分)
 ↓
東武日光駅よりバスまたは徒歩にて、東照宮など世界遺産社寺群を観光。(日光駅周辺のホテル/旅館に宿泊)

<2日目>
東武日光駅または神橋バス停より「日光市営バス」足尾方面:双愛病院行きに乗車→渡良瀬橋バス停下車(所要:約45分)
 ↓
足尾会場散策(足尾銅山 渡良瀬社宅群、ほか)
※渡良瀬社宅にインフォメーションがあります。
 ↓
(徒歩で移動)通洞駅:松原・通洞地区 会場散策/足尾銅山観光 散策
※通洞駅にインフォメーションがあります。
 ↓
通洞駅→大間々駅


※わたらせ渓谷鐵道および日光市営バスの運行の都合上、その他の関連・観光施設を加えると、3日間以上の日程を要する場合もあります。
ご来場の際はお時間に余裕をもってお越しくださるようお願いします。

その他、ご来場に際してのお問い合わせは
WATARASE Art Project事務局(info@watarase-art-project.com)までお願いします。ご来場の方々それぞれに合わせたプランをご相談いたします。

我が町のことならこのサイト

http://wap.jugem.jp/

名称:wap log(WAP公式ブログ)
ワタラセアートプロジェクトの活動経過・報告のほか、沿線のグルメスポットやイベント、参加アーティストの情報なども紹介しています。