AAF体検索

Loading

18近畿

大阪発・自宅開放型スペースえんむすび

住み開きアートプロジェクト

Asahi Art Festival 2009

 

大阪市域を中心に、自宅をパブリックスペースとして開放している拠点のネットワーク形成を図るプロジェクト。
対象は、アーティストが活動するオープンアトリエ的拠点はもちろんのこと、オルタナティブなカフェや店舗、地域に特化したまちづくり拠点、子育てや福祉活動拠点、ガーデニングや農について学ぶ環境学習拠点などなど。
「住み開き」という発想から始めた拠点形成が、様々な社会分野をゆるやかに繋ぐ可能性について、フィールドワークを行い、情報発信します。また、この「住み開き」というスローガンに反応した人々同士が、一見、アートとは無縁の空間に浸ることにより、アートを楽しむコミュニティを創造することにも発展させていきます。

[18]sumibiraki-ph.jpg

プログラム詳細

会期

7月上旬-8/30(日)

会場

南森町208、谷町空庭、緑橋♭(フラット)、安治川倉庫FLOATほか

お問い合わせ

應典院寺町倶楽部気付 築港ARCプロジェクトチーム
tel: 06-4308-5517
e-mail: wataru@outenin.com

電車でのアクセス

應典院寺町倶楽部 築港ARC(大阪市港区築港2-8-24 piaNPO内)。
大阪市営地下鉄大阪港駅4番出口より徒歩4分

会場までの地図

参加アーティスト

akamar22!、岩淵拓郎、小山田徹、空庭(山内美陽子)、花村周寛、平岡香純、宮本博史、大和川レコード(アサダワタル)ほか

主催

應典院寺町倶楽部(企画運営:築港ARCプロジェクトチーム)

 

 

レポート

th_sumibiraki01.jpg

th_sumibiraki02.jpg

社会資源としての寺を拠点に活動するアートNPO。かつて寺が担ってきた教育、福祉、文化芸術といった役割の重要性を、他地域に対しても発信している。2006年より、大阪市の現代芸術創造事業を受託し、「築港ARCプロジェクト」を展開中。

是非立ち寄ってほしい、我が街の見所!

大阪の住み開きスポットツーリズム情報その1

会場名:谷町空庭( 大阪市中央区常盤町1-1-8 6階及び屋上 )
住み開き人:空庭(そらにわ 山内美陽子:造園プランナー、谷町空庭店主)

都会でもサスティナブルでスローな生活が出来ることを発信・提案する、大阪の都心にある農と緑を楽しめるカフェスペース。

アクセス:大阪市営地下鉄中央線谷町四丁目駅6番出口から徒歩3分
お問い合わせ:tel. 06-6949-0679 http://www.soraniwa.net/
通常開業時間:水、土(11時半~日没営業)



大阪の住み開きスポットツーリズム情報その3

会場名:さわ洞窟ハウス(洞窟情報サロン)( 大阪市西淀川区野里1-16-23 )
住み開き人:沢勲(さわ洞窟ハウス(洞窟情報サロン) 代表)

世界の約300カ所の洞窟を訪ね、研究を続けている大阪経済法科大学名誉教授の沢勲氏の自宅を改装した洞窟博物館。地域の子ども達の好奇心を引き出すサロン的空間にもなっています。

アクセス:JR神戸線塚本駅から徒歩15分
お問い合わせ:tel.06-6471-5485 http://www.sawaisao.com/
通常開業時間:不定休(詳しくはsawaisao@nifty.comまで)


大阪の住み開きスポットツーリズム情報その4

会場名:FLOAT( 大阪市西区安治川2-1-28 )
住み開き人:米子匡司(音楽家 / プログラマ)

大阪市西部に流れる安治川沿いの工場通りにある倉庫。2008年8月から住居兼オープンスペースとして利用を始め、不定期にイベントを開催しています。

アクセス:
大阪市営地下鉄中央線九条駅3番出口から徒歩10分
JR環状線西九条駅から徒歩10分

お問い合わせ:tel.090-9860-2784 http://float.chochopin.net/
通常開業時間:不定休(来店前に電話がベター)

大阪の住み開きスポットツーリズム情報その5

会場名:♭(フラット)( 大阪市東成区中本3-10-2 )
住み開き人:花村周寛(ランドスケープアーティスト / 役者)

印刷工場の空きスペースを活用したオルタナティブスペース。演劇の稽古場として、映画の撮影場として、クリエイターのシェアオフィスとして、アーティストの滞在施設としての活用が始まっています。

アクセス:大阪市営地下鉄中央線緑橋駅3番出口から徒歩5分
お問い合わせ:E-mail :flwmoon@mac.com
通常開業時間:不定休(詳しくはflwmoon@mac.com まで)



大阪の住み開きスポットツーリズム情報その6

会場名:208南森町( ※住居用マンションという条件により住所を一般公開しておりません。 )
住み開き人(代表):岩淵拓郎(美術家 / 執筆・編集者)

住居用マンションを利用したサロンスペース。美術、音楽、映像、ファッション、執筆など異なるジャンルのクリエイターが集まり、各自のスタジオとして使用しながら、定期的なパーティー、サロン、上映会、ワークショップなどを開いてます。

アクセス:大阪市営地下鉄谷町緑南森町駅6番出口から徒歩2分
お問い合わせ:http://www.mediapicnic.com/208/
通常開業時間:不定休(詳しくはhttp://www.mediapicnic.com/208/まで)