AAF体検索

Loading

中部

森と人の距離をつなぐプロジェクト「Migrate」

Migrate

Asahi Art Festival 2008

森と人との距離をつなぐプロジェクト「Migrate」では、物理的にも、そして精神的にも離れてしまった森と人を近づける場を創りだすことを目的に“森と人との距離”をテーマに岐阜と東京でダンスパフォーマンスを実施しました。同時に、私たちの生活になくてはならない森の現状を、林業家がレクチャー、森歩き、トークセッションを通じて伝えることで、ダンスをきっかけとしながら森について考え、見つめ直してもらう機会を作り出せたと感じています。今後も、アートに限らず様々な角度から森と人とが共存できるような仕掛けづくりを試みていきたいと考えています。(水野馨生里)

プログラム詳細

会期

2008年8月30日─ 8月31日(岐阜公演)、11月15日─11月16日(東京公演)

会場

こうじびら山の家(岐阜県郡上市明宝畑佐)/アサヒ・アートスクエア(東京都墨田区吾妻橋)

参加アーティスト

岐阜公演:上本竜平(構成・演出、出演)/永井美里(振付・出演)/國府田典明(環境音響)
東京公演:上本竜平(構成・演出、出演)/永井美里・いとうみえ(以上、振付・出演)/朝弘佳央理・渡辺美穂・谷健治(以上、出演)/國府田典明(環境音響)/灯音(照明美術)/谷健治(映像)

主催

G-net TOKYO

共催

AAPA(アアパ/Away at Performing Arts)

後援

ぎふ森林づくりサポートセンター(岐阜公演のみ)

協賛

地域産業・文化研究所

協力

NPO法人森と水辺の技術研究会/エスウッド協同組合/本庄工業株式会社/創建トラス/こうじびら山の家/NPO法人Woodsman Workshop

団体名

G-net TOKYO

団体プロフィール

「東京から地方のためにできること」をコンセプトに岐阜出身関東在住者により設立。岐阜県へのUIターン支援事業、岐阜の伝統工芸品である「水うちわ」の復活支援、岐阜への東京からのバスツアー等実施。 設立年:2004年|メンバー数:15名

団体設立年

2004年

 

 

レポート

総来場者数

200人