AAF体検索

Loading

関東

ノボリトのまちを受信する

ノボリト・アート・ストリート2008

Asahi Art Festival 2008

「ノボリト・アート・ストリート2008」は、登戸・向ヶ丘遊園駅周辺地域で、まちやお店の特徴・個性を抽出し、まちの人たちを巻き込んだアートをまちなかに展開するプロジェクトです。今年のテーマは“ノボリトのまちを受信する”。住む人、働く人、訪れる人にとってこの登戸のまちはどのように感じられるのか。アートプロジェクトを通じて、参加者やまちの人々がこのまちの本当の姿を捉え、感じ、受信することでまちの新たな魅力に気づき、人に出会うことを期待しています。(江藤友美)

プログラム詳細

会期

2008年7月─ 9月|コア会期9月13日─ 9月28日

会場

多摩区役所1階アトリウム/登戸土地区画整理事務所駐車場(以上、川崎市多摩区登戸)/生田緑地(多摩区枡形)ほか

参加アーティスト

山本耕一郎/鈴木俊輔/真部剛一/おきなお子

主催

のぼりとゆうえん隊

後援

神奈川県/川崎市/川崎市多摩区役所/川崎市岡本太郎美術館/川崎市登戸区画整理事務所

助成

財団法人かわさき市民活動センター/NPO法人ぐらす・
かわさき

協賛

旭化成ホームズ株式会社/ 株式会社プライム・コーポレーション/株式会社スペースプラン/川崎信用金庫登戸/ JAセレサ稲田支店/八千代銀行登戸支店/横浜銀行登戸支店

協力

民家園通り商店会登戸駅前商店会/遊園南口商店会/区役所通り登栄会/登戸東通り商店会/多摩区観光推進協議会/川崎市立登戸小学校/川崎市立東生田小学校/川崎市立稲田小学校

団体名

のぼりとゆうえん隊

団体プロフィール

登戸・向ケ丘遊園地域が魅力あるまちになることを目指し、まちを楽しくする仕掛けをつくる非営利市民団体。10代─ 60代と幅広い世代で構成。2005年から「まちなかアートプロジェクト」をスタートした。

団体設立年

2003年

 

 

レポート

総来場者数

延べ約1,000名

企画運営スタッフ数

メンバー数:65名