AAF体検索

Loading

九州/沖縄

四万十の音 風に乗り 波にゆられて 夢の散歩

Asahi Art Festival 2007

普段あまり意識をしない身の回りの「音」と「音楽」の対比をテーマにコンサートを開催した。四万十の特徴的なまちの音を集めるワークショップ、異なる地域での音に関するアンケート調査、エッセイによる音の表現ワークショップなど、まちの「音」についての認識を深めるワークショップを通して、コンサートの演目を練り上げた。多くの市民がコンサートに参加する、しないにかかわらず、さまざまな形で参加協力したプロジェクトとなった。

プログラム詳細

会期

2007年5月13日─ 9月26日

会場

四万十市立中央公民館(高知県四万十市右山五月町)ほか

参加アーティスト

伊左治直(作曲、ピアノ、打楽器)/犬塚彩子(ヴォーカル、ギター)/北口大輔(チェロ)/中村交響楽団/土佐中村一條太鼓保存会/池田逸子(企画構成協力)

共催

高知県立美術館

後援

国土交通省中村河川国道事務所/四万十川自然環境保全推進協議会/高知新聞社/朝日新聞高知支局/毎日新聞高知支局/産経新聞社高知支局/日本経済新聞高知支局/
NHK高知放送局/KSSさんさんテレビ/RKC高知放送/エフエム高知/中村ロータリークラブ/四万十ライオンズクラブ/国際ソロプチミスト幡多/社団法人中村青年会議所/中村商工会議所

カテゴリー

ワークショップ、音楽

団体名

四万十川国際音楽祭実行委員会

団体プロフィール

1994年市民と四万十市が協働して設立。四万十市を中心に「人と自然の調和」をテーマに音楽祭を開催している。2006年には、「[ヤッホー!四万十、それいけ!“ 役立たず”]~坂田明と役立たずのあり方について~」、地元の中村交響楽団と津野山神楽とのコラボレーション「四万十神楽交響楽」(高知県立美術館)を開催している。 メンバー数:20名

団体設立年

1994年

 

 

レポート

5.13「サウンド・スケッチ」(まちの音を録音し、聴きながら意見交換を行った)伊左治直、池田逸子|5.18「音のアンケート調査」(四万十川上流域、市内中心部、海岸沿いの小中学校でアン
ケート調査)|7.4「ワークショップ トランプの王様」伊左治直、池田逸子、中村交響楽団|7.28「サウンド・スケッチ2 四万十市民祭編」|8.20「『夏の旅・四万十』報告会」(AAF2007交流プ
ログラム、『夏の旅』の報告をもとに、音について意見交換)黒崎八重子、吉川由美、梅坪弥代|9.7「サウンド・スケッチ3 川舟編」|9.18「 音」についての討論会|9.25「ワークショップ なしし
こなしいおーなしし」伊左治直、犬塚彩子、北口大輔、中村交響楽団|9.26「コンサート」伊左治直、犬塚彩子、北口大輔、中村交響楽団、土佐中村一條太鼓|総来場者・参加者:延べ551名

 

th_IMG_0662.jpg

th_IMG_0663.jpg

th_IMG_0832.jpg

th_IMG_0859.jpg

th_IMG_0863.jpg

th_IMG_0897.jpg

th_IMG_0903.jpg

th_IMG_1003.jpg

th_IMG_1110.jpg

th_IMG_1111.jpg