AAF体検索

Loading

近畿

アートフェスタin大山崎町2007

Asahi Art Festival 2007

アサヒビール大山崎山荘美術館と京都造形芸術大学が連携し、美術館やまちの人々を巻き込んだイベントを学生が主体となって進めた。天ぷら油や荏胡麻油を使った蝋燭による竹灯篭のライトアップ、雅楽や民族楽器のライブ、竹ドームやマップ制作、アメリア・アレナス氏によるギャラリートーク、宮本亜門と学生がお茶会を開くプロジェクトなど多彩な展開をみせた。まちの歴史、文化、自然を地域の財産として見つめ直すきっかけとなった。

プログラム詳細

会期

2007年7月6日─9月9日

会場

アサヒビール大山崎山荘美術館(京都府乙訓郡大山崎町)/離宮八幡宮(乙訓郡大山崎町)

参加アーティスト

アメリア・アレナス(美術史家、エデュケイター)/おとくに雅楽会/天通高木会/鼓人/風の笛/宮本亜門(演出家、京都造形芸術大学教授)

主催

アートフェスタin大山崎町2007実行委員会

共催

アサヒビール大山崎山荘美術館

後援

京都造形芸術大学/大山崎町/大山崎町教育委員会/大山崎町商工会

協力

離宮八幡宮/大山崎竹林ボランティア/日本ヒューレット・パッカード株式会社/シュリロ トレーディング カンパニー リミテッド

カテゴリー

美術、音楽

団体名

アートフェスタin大山崎町2007実行委員会

団体プロフィール

2006年設立。アサヒビール大山崎山荘美術館と京都造形芸術大学の連携事業を発展的に継続することで芸術大学の持つ人的資材を地域活性に有効に還元すること。また、大山崎町に散在する豊富な歴史遺産、文化遺産、そして自然をアートプロジェクトを介して結びつけ、地域の財産を最大限に生かした地域の活性化を図ることを目的とした団体である。メンバー数:8名

団体設立年

2006

 

 

レポート

7月6日「アメリア・アレナス ギャラリートーク」(美術館での対話型鑑賞ツアー)|7月29日「油ろうそく+竹カバー作りワークショップ」(天ぷら油や荏胡麻油で蝋燭を制作)|8月3日-5日「離宮八幡宮ライトアップ」(日本の製油発祥の地である離宮八幡宮にて竹灯篭のライトアップ)|8月5日 ライトアップ最終日に雅楽や民族楽器によるライブを開催 出演:おとくに雅楽会、天通高木会、鼓人、風の笛|8月5日 「光のなぞとき アートパズルであなたの『まなざし』再発見-第1回」(美術館が所蔵するモネの「睡蓮」を原寸大のパズルにしたワークショップ)|8月19日 離宮八幡宮の境内にて竹ドームを制作、展示|8月25日「ミニスタードーム作り」(ワークショップ)|8月25日「大山崎町オリジナルマップ」(まちのアートマップを制作)|8月26日「光のなぞとき アートパズルであなたの『まなざし』再発見-第2回」|9月8日-9日「宮本亜門×造形大生7名によるお茶会プロジェクト・自分たちのお茶会をつくる─千利休の心を知って」(美術館内に作った2つのお茶室でお茶会を開催)宮本亜門

th_18oyamazaki_01.jpg

th_18oyamazaki_02.jpg

総来場者数

1,215名