AAF体検索

Loading

関東

第102回アサヒビールロビーコンサート 「ハイチのヴードゥー・リズム」-デモン ストレーション&パフォーマンス-

Asahi Art Festival 2007

ハイチの人々の生活に生き続ける民衆宗教「ヴードゥー」。奴隷として送られた人々とともにハイチに やってきたアフリカの宗教と、ヨーロッパの植民者たちがもたらしたカトリックの信仰が渾然一体となって生まれたヴードゥーは、虐げられた人々、圧制に苦しむ人々の心の支えとなり、勇気と団結力を与えてきた。今回のロビーコンサートでは、今ではハイチ国教の一つともなったヴードゥーの神々を象徴するリズムとダンスの実演を披露した。 

プログラム詳細

会期

2007年7月18日

会場

アサヒビール本部ビル1階ロビー(東京都墨田区吾妻橋)

参加アーティスト

ハイチ音楽グループ『マカンダル 』=フリスナー・オーグスティン(リード・ドラム)、スティーヴ・ディーツ(第 2ドラム)、モーガン・ズヴェルレーン(第 3ドラム)、マーク・エティエンヌ(バス・ドラム、パーカッション)、マリー・カーメル(マンボ[司祭])、パット・ホール(ダンス)、スミス・デスティン(ダンス)、ウゲット・フランス(ヴォーカル、ダンス)、エルスィ・メギー(ヴォーカル、ダンス)

主催

アサヒビール株式会社,アサヒビールロビーコンサート実行委員会

協力

財団法人アリオン音楽財団/NPO法人コミュニティアート・ふなばし/株式会社 CAN

カテゴリー

パフォーミング・アーツ、音楽

団体名

アサヒビール株式会社

 

 

レポート

2007年 7月18日  ハイチの民俗宗教「ヴードゥー」のリズムとダンスの実演

総来場者数

総来場者:327名