レポート RSS

レポート 2016.12.07

2016交流支援プログラム レポート02 クリエイティブサポートレッツ←大阪七墓巡り復活プロジェクト

 

AAFネットワーク独自の交流支援プログラム、2016年度のレポートです。

------------------------ 

<開催概要データ>

[企画名]レッツ観光化計画

[実施日]2016年5月7日(土)~10日(火)

[招聘者]クリエイティブサポートレッツ【静岡県浜松市】

[訪問者]大阪七墓巡り復活プロジェクト【大阪府大阪市内各地】

 

================================================

<レポート>

AAFをきっかけに出会った、大阪七墓巡り復活プロジェクトの陸奥賢さんと交流事業「レッツ観光化計画」を行いました。

陸奥賢さんは全国各地で観光プロジェクトを立ち上げており、べてるの家の「当事者研究スゴロク」のような、障害福祉 施設と、障害のある人の遊びを一緒に作れないかという議論をこれまでに続けていました。その結果、レッツが運営する障害福祉施設アルス・ノ ヴァ自体が面白い場所であるので、それをそのまま観光地化することはできないかというアイデアからこの交流事業が生まれました。AAF参加団体を始めとするアートプロジェクトの主体との交流を主体とする事業を越えて、交流 の結果、事業や仕事が生まれないかということを検討した点がこの交流事業の特筆すべき点です。 交流事業は5月7日から5月の10日に行いました。その間、陸奥賢さんに滞在してもらい、観光の場にするためにはどうすれば 良いのかという議論を繰り返し行い、施設内の魅力探しや障害のある人との関係づくりを体験してもらうことで、観光ツアーの枠組みづくりを行いました。

この議論の中から、

・参加者からお金を取るツアーにすること。

・もてなしはしても、着飾ることのない、すっぴんのままを体験してもらうこと

・広報物としてスタンプラリーカードを作成すること。

等が上がりました。

lets001.jpg

 

障害福祉施設の性格上、ツアーという形態をとったとしても、そこには障害のある人とスタッフが存在しているため、ツアー参加者のためのもてなしというのは業務上の負担が生じます。また陸奥賢さんからアルス・ノヴァの面白さは、そのままの状態にあるというコメントをいただき、ツアー参加者にもそのままの状態を体験してもらうというツアーの形が生まれました。 交流事業の枠としてはここまでで事業完了となりますが、この交流事業の要は、ここから生まれた観光ツアーを実際に行ってみる事にありました。6月からスタンプラリーカード付きのチラシの制作、ホームページの整備、広報を行い、「タイムトラベル100時間ツアー」と題し、観光ツアー事業を立ち上げました。  第1回は8月6日から7日まで、そして第2回を9月8日から11日に行いました。先述の通り、すっぴんのままのレッツを参加者に観てもらうことに務めました。これには参加者だけではなくスタッフ側もどのように対応して良いのか、どう振る舞えば良いのかという困難が生じました。しかしこのツアーチラシに陸奥賢さんから寄せられたコメントには「観光は光を観ると書きます。観光とはおもてなしに必死になるものではなく、観光者自信が光を観るものです」とあり、互いに生じる困惑の中、どう過ごすか、どう振る舞うかをそれぞれ自信が考えることで「光を観る」という体験が得られる機会となりました。事実、参加者からのコメントからは、最初どうすれば良いのかわからなかったが、障害のある人の振る舞いを見ることで、自分自身が好き勝手に振る舞うことの価値、日常そのものを見つめ直す体験が得られたというものが多く見られました。

実施した結果得られた今後の課題としましては、

・障害福祉施設の観光地化というものへの理解と周知を継続的に行う必要がある。

・ツアー参加者はスタッフ希望でもボランティアスタッフでもなく、観光に来た方々であるので、受け入れるスタッフ側にもそれを理解する必要がある。

・ツアー参加者が体験を通じて考えたこと、疑問に思ったことを整理し、議論する場を提供しなくては、 得られるものが少なくなってしまう。

・すっぴんのままを提供することの難しさ、必要最低限のもてなしとは何かを受け入れる側としては考える必要がある

等が挙げられました。

lets002.jpg

lets003.jpg

 

この度の交流事業で得られた成果とは、この「タイムトラベル100時間ツアー」が事業化されたことそのものであり、現在まで2回開催しましたが、今後も継続していく予定でおります。

また、AAF参加団体の方々から一度レッツに来てみたいという話を伺うことが多々あるため、ぜひこのツアーに参加していただき、そして皆さんからの意見をいただきたいと考えております。

ツアーチラシ2016.12.jpg

 

-----------------------

[タイムテーブル]

5月7日~10日・・・陸奥賢滞在

6月~8月・・・チラシ作成 8月6日~7日・・・「タイムトラベル100時間 ツアー」第一弾開催

9月8日~11日・・・「タイムトラベル100時 間ツアー」第2弾開催

12月17日~18日・・・「タイムトラベル100時 間ツアー」第3弾開催予定

 

-----------------------  

<執筆者プロフィール>

yamamori.jpg

山森 達也

認定NPO法人クリエイティブサポートレッツ所属。のヴぁてれびプロデューサー。創造都市研究者。