コラム RSS

コラム 2014.01.20

#31 曽我高明(現代美術製作所/NPO法人 向島学会)


ここ数年、東京・墨田区の向島では様々なアート拠点が増え、近頃では毎週どこかで催しが行われている。おかげで方々に足を運ぶため、けっこう忙しいが、楽しい発見も多い。

昨年12月22日の夜は、鳩の街通り商店街にほど近い「ヒラキエ」で〈偽装クリスマス会:ロジミネーション〉というイベントが行われた。
渋谷の大規模商業施設に良く似た名前の「ヒラキエ」は、独身サラリーマンのHさんが住む、路地に面したごく普通の一軒家。しばしばトークイベントなどを開き、AAF流にいうなら、まさに「住み開き」の実践をしている。今回のイベントを一緒に企画したフジシロさんも、自称「平凡なサラリーマン」。「ヒラキエ」の正面の家に家族4人で住んでいる。
出かけてみると、向かいの家の駐車場にプロジェクターを何台も並べ、「ヒラキエ」の外壁一面に、ご近所の家々で撮影したクリスマスのイルミネーションの動画を投影している。小さな家がニセモノのイルミネーションで覆われ、なんとも奇妙な光景だ。家に入ると2階には大勢お客が集い、こたつと鍋を囲みホームパーティーの真っ最中。一見ただの鍋会のようでいて、参加者にはそれぞれのネームカードに「前のバイトの友達」「お習字の先生」といった〈偽装幸せ家族〉の役割が振られている。ひと足違いで食べ損ねた〈偽装クリスマス鍋〉は、向島の袋小路を研究する「ドンツキ協会」の会長・斎藤さんの手によるもので、これも大変好評だったと、先にいらしていた清水永子さんが教えてくれた。「なぜ世間の家庭はクリスマスにイルミネーションをひとに見せたがるのか?」という素朴な疑問に端を発したこのイベント、「家族」や「幸せ」についてユーモラスに問いを投げつつ、独身男性Hさんのクリスマスを暖かく盛り上げる企画としても成功していた。

いっぽう、年を越えて新年1月4日、こちらは鳩の街通り商店街に面した、住まい兼アートスペースの「こすみ図書」の昆野純子さんから、飯田将茂さんの映画『トッポギ』の上映と関連企画〈こすみ神社でぽえむ屋さん〉という催しの連絡があったので訪問してみた。
ガラス戸に赤い鳥居の絵が描かれた「こすみ図書」ならぬ「こすみ神社」に着くと、和服に白い割烹着姿の昆野さんに出迎えられ、初対面の飯田さんに紹介される。当日夜の上映会の前に、隅田川七福神めぐりのシーズンに便乗し、「神社」として1回100円で〈ぽえむみくじ〉を行っている。残念ながら夜は先約があったので、とりあえず気になる〈ぽえむみくじ〉の方を体験することにした。
さっそく、おみくじの筒が置かれたテーブルに飯田さんと向かい合って腰を下ろす。少々神妙な面持ちでおみくじを引くと、「吉」の棒が出た。それを見て飯田さんはおもむろに上の方に「吉」と印刷された長方形の紙を広げ、「最近なにか楽しいことはありましたか?」と尋ねる。楽しいことと言われても、正月ボケの頭はとっさに働かない。「そうだ最近、肉じゃがを美味しくつくれるようになった」と、ぼくが妙なことを口走ると、飯田さんはすぐ即興で「肉じゃがだって/何でも入れていい/わけじゃないよ」と筆ペンで書き、消しゴム製の判子で赤い印を押した。少々「相田みつを」風だが、一文字ずつ丁寧にしたため、人柄の表れた味のある書体だ。有り難くいただいて帰った〈ぽえむみくじ〉は、自宅の冷蔵庫の扉にマグネットで貼付けてみたところ、なんだかとても縁起が良い感じである。

さて、この年末年始、相も変わらず腹立たしいニュースばかりを耳にした。メディアの中では、原発の問題をふくめ、様々な「ウソ」が「ホンモノ」の顔をして、堂々と大手を振ってまかり通っている。そんなとき〈偽装クリスマス会〉も〈こすみ神社〉も、「ごっこ遊び」に通じる軽やかさで、ささやかな「ウソ」を「ウソ」として、来場者と愉快に楽しんでいた。それを「アート」という言葉で括るかどうかはさておき、自由で柔らかな遊び心に触れて和んだのは事実。というわけで、こうした向島の仲間たちの一人として、2014年もまたなにか一緒に面白いことができればと思っている。


sogatakaaki.jpg
曽我高明  Takaaki Soga
現代美術製作所ディレクター/NPO法人 向島学会副理事長
1958年東京生まれ。1997年、墨田区向島にある自社の元ゴム工場の建物をアートスペースに改装し、現代美術製作所の活動を始める。内外のアーティストを紹介するかたわら、近年ではアートを活かし、地元のまちづくりにも取り組んでいる。AAFでは2002年から実行委員。AAFのプロジェクトには、ベネチアビエンナーレの全国報告会ツアー〈ベネチア大作戦〉(2003)、現代美術製作所による地域アートプロジェクト〈向島芸術計画〉(2007)、BUGHAUSの〈第1回プレゼンテーション「ポスト・工務店に向けて」〉(2011)、地元有志による〈めざせ中央市場!寺島なす復活プロジェクト〉(2012)などで参加している。