レポート RSS

レポート 2012.02.16

2011交流支援プログラムレポート06「ちょっと氷見まで行ってきます!」


AAF参加団体、ネットワーク団体の担当者が交流する「地域間交流支援プログラム」。それぞれの現場やまちの空気にふれながら、たがいの現状をゆっくりと話し合い、アイデアやノウハウの交換を行うことができるように、と始まりました。現在では、新しい視点を獲得することで、あるいは別の視点が持ち込まれるによって、これまでにないプロジェクトが立ち現れようとしています。
今回のレポートは「長者町まちなかアート発展計画」の安井友美さん、山田訓子さんです。

====================================================
<レポート>
私たち「長者町まちなかアート発展計画」(以下、発展計画)は、7月2-3日富山県氷見市へ「アートNPOヒミング」(以下、ヒミング)を訪ねた。発展計画が活動を開始したばかりの団体であるため、長年にわたり地域ならではの活動をされているヒミングを見学させていただきたいと思ったからである。
当日は、発展計画のプロジェクト『ちいさなアートジャンボリー2011』に出展するアートバス『MOBIUM』を貸しきりにして移動を行った。参加者は発展計画メンバー5名と、長者町の団体「長者町アートアニュアル」のメンバー1名の計6名だったが、なるべく代表者同士だけの交流にとどまらず、多くのメンバーが参加できるような形式で交流ができるよう企画をした。また、特別なイベントは行わず普段のアートセンターの様子を見学させていただくことと、メンバー同士で交流をするミーティングを行った。
市バスと同じ大きさの『MOBIUM』の外装は黒板塗料で塗装されており、「himming×長者町まちなかアート発展計画」と書くなど、チョークでバスをラッピングして出発。東海北陸道を往く道のりではちょっと注目を集め、ヒミングアートセンターの付近まで来ると「himming」と書かれていたため、ヒミングに携わっている地元のおじさんが気づいてくださり、『MOBIUM』を駐車できるスペースまで案内してくださった。
ヒミングでは、私たちの訪問に合わせて『天馬船』を出港させる準備をしていてくださっていて、到着後は早速、ミーティングで集まっていたヒミングメンバーや高山から観光ついでに立ち寄っていた方々と一緒に、船を川に下ろすことからお手伝いもさせていただいた。ヒミングに携わる地元のおじさんが船頭をしてくださり、アートセンター周辺の歴史を教えていただきながら川を遊覧。そうこうしている途中にも漁師のおじさんが漁船で通りかかって釣った魚を見せてくれたり。そのような、一見アートには関係なさそうな地元のおじさんたちが自然に『アートセンター』と名のつく場のまわりにいる様子が、これまでヒミングが土地に根付いた活動をしてきていることが伝わってきた。

01himming 2.JPG
天馬船を降りてからは、交流ミーティングを行い、ヒミング代表の高野さんから、これまでの活動内容から現在のアートセンター運営にいたるまでのお話を伺った。アートセンターもはじめからあったわけではなく、メンバー自身で「場」をつくっていったというお話や、ヒミングのメンバーも地元の人ばかりではなく、でも氷見が好きで氷見から発信していこうとしている姿に発展計画のメンバーと共通している部分があるように感じた。

02MTG 2.JPG
その後、当日集まってくれていたヒミングのみなさんも一緒に『MOBIUM』に乗り込み、地元のおじさんにバスガイドをしていただきながら、氷見を一望できるという絶景スポットへ。バスのなかで「氷見は海も山も両方あるのが良い。」と高野さんが話す中、窓の外はアートセンターの辺りの海の景色から、山の景色へ。山道を登ってたどり着いた先は、なんとゴルフ場!!  この日はあいにくの曇り空でしたが、晴れていたら海も山もすごく綺麗に見えたのでしょう。
03MOBIUM 2.JPG
短い時間ではあったが、ヒミングの活動が地元の方に受け入れられ、アートを通じて時間を共有している1つの形を見ることができたように思う。有意義なプロジェクトを行うことも1つの方法であることと同時に、活動を継続することにより深められる結びつきがあることを実感しました。ヒミングのみなさま、お世話になりました。ありがとうございました。

------------------------ 
<開催概要データ>
[企画名]ちょっと氷見まで行ってきます!
[実施日]7月2日(土)-3日(日)
[召聘者]アートNPOヒミング【富山県氷見市】
[訪問者]長者町まちなかアート発展計画【愛知県名古屋市】

------------------------ 
<タイムテーブル>
◎7月2日(土)
14:00-15:30 天馬船遊覧・ヒミングアートセンター見学
16:30-18:00 メンバー同士による交流ミーティング 会場:ヒミングアートセンター
18:00-19:00 MOBIUMで氷見観光
◎7月3日(日)
午前 氷見市内を観光

------------------------ 
04profile 2.JPG
<執筆者プロフィール>
安井友美(写真左より2人目)・山田訓子(左端)/長者町まちなかアート発展計画メンバー
「あいちトリエンナーレ2010」をきっかけに長者町で集まったアートファン、トリエンナーレサポーター・ボランティア、長者町ファンを中心に2011年1月に『長者町まちなかアート発展計画』を発足。長者町繊維街を舞台に活動中。