交流プログラム RSS

交流プログラム 2009.11.20

交流支援プログラムレポート7 「大阪住み開きアートプロジェクト×八戸横丁アートプロジェクト~酔っ払いに愛を~」

各地域間の自発的な交流を促すために、AAF2006より実施している「地域間交流プログラム。各地の現場やまちの空気にふれながら、担当者同士あるいは実行委員と担当者がお互いの現状をゆっくりと話し合い、アイデアやノウハウの交換を行う、交流の場が全国各地で生まれています。AAF2009の交流支援プログラムレポート第7弾は、「大阪住み開きアートプロジェクト」(大阪)と「八戸横丁アートプロジェクト~酔っ払いに愛を~」(青森)との交流企画をお送りします。

 ========================================================= 

「八戸横丁アートプロジェクト~酔っ払いに愛を~」は、八戸の資源であり古い歴史を持つ「横丁」を舞台に、まちの記憶と今を結びつけたプロジェクトとして、今夏初めて開催されました。プロジェクトを進めるうちに、横丁は昔も今も、人と人の距離が近く、家族のようなあたたかさに溢れており、それゆえに多くの常連さんでにぎわう日常的なコミュニティであることを実感しました。またそこに、近年の社会的な問題に対峙するためのヒントが隠れているようにも思いました。
一方、現在八戸市の中心市街地に建設中の公共施設「はっち」は、市民の文化活動・観光を通した交流の拠点として、まちなかに賑わいをもたらす契機となることを目指しています。開館後は、文化・芸術活動等の活動拠点となりながら、市内のさまざまな情報を発信する場となりますが、こういった公共施設のみでなく、地域住民が気軽に立ち寄ることのできる「場(コミュニティ)づくり」はどの都市においても重要なテーマです。また八戸市は、中心市街地の空き店舗対策、魅力あるまちづくりなど、いくつかの複合的な問題を同時に孕んでいます。とりわけ、日本全国で進む大型施設の統廃合や、商店街の過疎化などにともなうまちの求心力低下などの問題は、今後新たな視点でその解決策を見出す必要があります。
このような経緯から、今回はゲストに、「AAF2009大阪住み開きアートプロジェクト」のチーフディレクター・アサダワタルさんをお招きし、大阪で実際に展開されているアートプロジェクトの事例やその手法、これまでの事業などについてお話をいただきます。同時に、学生・まちづくり関係者・行政担当者等ともディスカッションを行い、ハード・ソフトさまざまな面から、八戸における「場づくり」がどのように実践されるべきかを探りました。
開催期間は10/15・16の2日間を中心とし、八戸中心市街地周辺の空き店舗や、自宅をスタジオとして「住み開いて」いる方のスペースをお借りして、アサダさんの音楽パフォーマンスやトークイベントを開催しました。

1016fm1.jpg

1015talk1.jpg

1016live1.jpg

〈企画概要〉
[企画名]大阪住み開きアートプロジェクトin八戸 ×八戸横丁アートプロジェクト~酔っ払いに愛を~
[実施日]2009年10月15日(木)・16日(金)
[招聘者]アサダワタル氏(築港ARCプロジェクト【大阪】)

〈タイムテーブル〉
10月14日(水)
16:30
アサダさん八戸着
16:30~17:00 
八戸市役所にて、担当課(中心市街地活性化推進室)職員と談話。大阪市との事業等についてお話をいただく。
17:00~18:30
翌日の会場の畳の雑巾がけ(60畳)・トイレ掃除など
19:00~20:00
SpaceBEN打ち合わせ・会場のセッティング等について。
20:00~23:00
アサダさんを囲む会① 八戸市内の横丁・れんさ街にある名店「章(あきら)」にて。生牡蠣・大間のマグロ・菊のおひたしなど、八戸風の食事となる。八戸弁も堪能。
23:00~24:00
横丁探索・観光ガイドつき
24:00
アサダさん旅館着(八戸市寺横町・アントニオ猪木氏も御用達の老舗「柏木旅館」へ)

10月15日(木)
10:00~15:00
八戸市中心街探索・講演会準備等
15:30~17:30
講演会会場セッティング・事前打ち合わせ
18:00~20:30
アサダワタル氏講演会
会場:八戸市三日町14-2 青山テラス2F(現在未使用の空き店舗)
アサダさんがディレクターを務めた「大阪住み開きアートプロジェクト」および大阪市の委託により実施している事業等の紹介をしていただき、地元商店主や学生・不動産関係者などの地元参加者との意見交換を行った。
21:30~24:00 
アサダさんを囲む会② 横丁の1つ「昭和通り」にあるせんべい汁人気店「ごめ」にて。またまた、大間のマグロ・鯖・せんべいピザ・せんべい汁などを堪能。講演会参加者も加わり、大いに盛り上がる。
24:00~26:00
立木caféにて、2次会。
26:00~
アサダさん、真夜中の種差海岸へ。スタッフ(柳沢)の実家に宿泊。

10月16日(金)
10:00~14:00
市内探索・リサーチ
15:00~17:00
イベント打ち合わせ・買出し・会場セッティングなど
17:30~17:45
八戸のラジオ局「BeFM」の生放送番組に出演し、イベントPR
20:00~23:00
ゲストライブ&トークイベント
会場:八戸市柏崎 「SpaceBEN」(自宅兼スタジオの貸しスペース)
①アサダさんによるライブ
メディアを用いたさまざまなパフォーマンスを全国で展開しているアサダさんによるライブを開催。今回は荷物の都合により、ギターとメトロノームによるシンプルな構成で、演奏していただいた。
②アサダさんトークショー
15日と同様、アサダさんの手がけるプロジェクトや、大阪で展開されているさまざまな活動や団体等を紹介していただきながら、参加者も交えてフリートークを行った。
23:30~26:00  アサダさんを囲む会③ まちなかの隠れた名店「ままや」にて。青森県倉石牛のステーキ丼・あんかけ焼きそばなど食す。日本酒を堪能。

10月17日(土)
12:00~
市内周辺散策
14:00~18:00
十和田美術館・十和田市内視察
20:00~
アサダさんを囲む会④ スタッフ実家にて

10月18日(日)
7:00~9:00
八戸館鼻朝市視察。イカ天など堪能。また会場で、「八戸前沖サバPR大使」として大阪からやってきた右田氏とたまたま遭遇し、意気投合する。「大阪でまた会いましょう」と約束し、別れる。
帰阪。


〈執筆者プロフィール〉
imagawa.jpg
今川和佳子
八戸市出身。東京にて食やファッションのコーディネートの仕事に携わり、2008年に八戸に帰る。現在市内に建設中の「はっち」開館準備スタッフとして、プレ事業の実施や文化芸術振興事業等を担当。