AAFとは

全国の市民グループやアートNPO、アサヒビール株式会社が協働で開催するアートのお祭り、アサヒ・アート・フェスティバル(AAF)。
AAF には「未来」を展望し、「市民」が主体となって企画・運営し、「地域」の魅力を引き出し、コミュニティの再構築をめざすアート・プロジェクトが集まり、つながっています。

フェスティバルからネットワークへ

2002年から毎年開催してきたフェスティバルを通して、また独自の交流支援プログラムの積み重ねによって、全国の参加団体スタッフ、アーティストが直接出会い、しだいにネットワークが形成されていきました。とくに2011年の東日本大震災を契機に、AAFネットワークとしての通年での活動がさかんになっています。

ネットワーク会議と報告会

AAFでは、毎年春、全国の参加団体の初顔合わせとなる「ネットワーク会議」、秋には、その年の成果を発表し、ともに様々な課題について議論する「報告会」を開催しています。一般のお客様も大歓迎です。毎年の参加団体のプレゼンテーションは圧巻です! ぜひご参加ください。

AAFネットワーク実行委員会

毎年のアサヒ・アート・フェスティバルや、通年の活動を運営するのがAAFネットワーク実行委員会です。実行委員会は毎月の定例会議とメーリングリストによって様々なことを議論し、決定しています。実行委員会には、関心のある方ならどなたでも参加することができます。(実行委員会登録

AAFネットワークの構成

AAFネットワークは図のように構成されています。

AAFは参加プロジェクト/団体を毎年募集しています

AAFの開催にあたり、毎年、参加プロジェクト/団体を募集しています。募集時期は12月中旬から1月中旬。2月に選考委員会を開催しています。
募集要項はこちらを参照ください。

AAF ARCHIVES

AAFにこれまで参加したアートプロジェクトについてはAAF ARCHIVESにまとめられています。さまざまなキーワードで検索することもできます。またAAFウェブサイトのメニューバー「参加プロジェクト」からも、初年度からのプロジェクトリストを閲覧することも可能です。

AAFネットワークをもっと知りたいという方のために

AAFネットワークでは、2012年12月、アーティストの藤浩志さんとともに、『地域を変えるソフトパワー アートプロジェクトがつなぐ人の知恵、まちの経験』(青幻舎)を刊行しました。様々な角度からアートプロジェクトについて、各地の事例について考察しています。地域とアートを語るには欠かせない一冊としてロングセラーを続けています。よろしければぜひお手にとってください。

『地域を変えるソフトパワー
アートプロジェクトがつなぐ人の知恵、まちの経験』

著者:藤浩志 AAFネットワーク
2012年12月刊行
定価:1,890円(本体1,800円+税)
発行:青幻舎
ISBN 978-4-86152-377-9 C0070