書店でのトークイベントが決まりましたので、お伝えいたします。

---------------------
『地域を変えるソフトパワー』刊行記念トークイベント

登壇者:
藤浩志(美術家、十和田市現代美術館副館長)
森司(東京アートポイント計画ディレクター)
住友文彦(キュレーター)

進行:
影山裕樹(編集者)

日時:2013年1月27日(日)17:30-
会場:NADiff a/p/a/r/t 1F店内
http://www.nadiff.com/shopinfo/shoplist/map_apart.html

入場無料(予約不要)

地域振興に結びつく大規模国際展が華やいでいる昨今、地域におけるアートの役割は、年々その価値を高めつつあります。
一方で、地方と都市の格差は広がりつつあり、公共施設としての美術館の役割も大きく変化してきていると言えるでしょう。
そんな時代状況において刊行された本書を切り口にしながら、これからの時代のアートプロジェクトのあり方を議論します。
---------------------

詳細は、NADiff a/p/a/r/t さんのページでもご覧いただくことができます。


多くの方のご参加をお待ちしております。

どうぞよろしくお願いいたします。
待ちに待った書店販売が始まります!
長い間、予約受付中だったAmazonも、配送が始まりました!

たくさんの方に読んでいただけたらと願っています。


Amazonでのページはこちらから!


DSCF0162.JPG

11月30日に『地域を変えるソフトパワー』刊行記念トーク+パーティを開催しました。
第1部は、西村佳哲さんに聞き手になっていただき、著者である藤浩志さんにインタビューする形式でスタートしました。西村さんの手元には、付箋が貼られた『地域を変えるソフトパワー』が。今日のトークのために、一足先に西村さんに本をお届けしたのでした。

今回、藤さんの聞き手をお願いした西村さんは、この本の制作プロセスとして広く参加を呼びかけた「AAF学校」にて、昨年末に「インタビュー」についてのご講演をいただきました。西村さんから学んだインタビューの作法を胸に、AAF学校受講生の有志が集い、全国各地のAAF参加団体の皆さんにインタビューさせていただき、その原稿を元にまとめたのがこの本なのです。

DSCF0176.JPG

第2部スタートの前に、隠岐の島の名物となりつつある「スリーミーバーガー」のプチサイズが登場。イカ、アジ、トビウオのすり身でできたパテが自慢のスリーミーバーガーは、レシピを「ハートアート・おかやま」の田野智子さんが考案され、隠岐で活動する「外浜まつり」のみなさんとのコラボレーションで生まれたもの。今回、秘伝のレシピを教えて頂き、関東初のお披露目となりました!
ものすごくおいしかったです!

DSCF0175.JPG



第2部は、藤さんを聞き手に、(左から)八戸ポータルミュージアム はっちの今川和佳子さん、横浜を拠点とするART LAB OVAの蔭山ヅルさん、沖縄を拠点とするスタジオ解放区の林僚児さんをゲストにお招きしました。みなさん、本の中で登場されています。本の中で伝えきれなかったことをじっくりお話いただきました。

第2部終了後に、AAFに参加して下さった全国の団体のみなさんからの食材を送っていただき、料理ユニットのtontさんにつくっていただいたごちそうを並べて、パーティをスタートしました。
「地域を変えるソフトパワー」に関わって下さった皆様に感謝の気持ちを込めて、シャンパンで乾杯、挨拶は編集長の石綿祐子さんにお願いしました。


DSCF0209.JPG

手前にあるのは、南三陸のタコでつくったサラダ。
南三陸のプロジェクト「ENVISI」の吉川由美さんにご協力いただき、山内鮮魚店さんからお送りいただきました。「てしまのまど」の安岐理加さんにお送りいただいた豊島の貴重なオリーブオイルで和えています。たことオリーブオイルの組み合わせ、とてもおいしかったです!

DSCF0206.JPG

こちらは、富山県氷見市で活動する「ヒミング」のメンバーでもあり、氷見温泉永芳閣 女将の平田淑江さん、同じくヒミングのメンバーの林口砂理さんにご協力いただき、お送りいただいたガンドブリの漬けのちらし寿司。新鮮なブリがたっぷりはいって、なかなか食べられない貴重な一皿となりました。

DSCF0218.JPG

ゲストの今川和佳子さんにご協力いただいた、B椀グランプリ大賞受賞して話題になっている八戸せんべい汁。
せんべいがアルデンテで、とってもおいしかったです!


写真.JPG


最後に、「淡路島アートセンター」の中田アユミさんから送っていただいた美味しい玉ねぎでつくったクッキー。玉ねぎの甘さが引き立つ、ビールのおつまみにもぴったりな一品でした!

ご参加いただいた皆さま、ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました!
『地域を変えるソフトパワー』、いよいよ12月下旬に書店に並びます。どうぞ楽しみにお待ちください!


◎『地域を変えるソフトパワー』特設サイト













全国をネットワークし、アートによる地域再構築をさまざまなかたちで模索してきたアサヒ・アート・フェスティバル(AAF)。2011年に10周年を迎えたことを機に、これまでの軌跡をまとめた書籍「地域を変えるソフトパワー アートプロジェクトがつなぐ人の知恵、まちの経験」を刊行することとなりました。
書籍刊行を記念して、トークイベントとパーティを開催します。

前半のトークでは、著者である藤浩志さんに、働き方研究家の西村佳哲さんがインタビュー。後半には、沖縄、八戸、横浜からAAF参加団体のみなさんをゲストに、アートプロジェクトとまちをテーマにお話をお聞きします。
パーティでは、AAFネットワークに参加している全国のアートプロジェクトから届けてもらった地域のおいしいものが集合します。

みなさまのご参加をお待ちしております!

・チラシ:ダウンロード[PDF/840KB]

2012年11月30日(金)18:00-21:00

  • 会場:新・港区(新港ピア)
  • 横浜市中区新港2-5
  • 横浜みなとみらい線 馬車道駅 6番出口[赤れんが倉庫口] 
  • 万国橋・ワールドポーターズ方面へ新港ふ頭まで直進 徒歩約10分

参加費:3,000円(書籍代1,800円込み)

  • タイムテーブル
    18:00-18:50  刊行記念対談「アートプロジェクトがつなぐ 人の知恵 まちの経験」
    藤浩志×西村佳哲(聞き手)
  • 18:55-20:00  クロストーク「本で伝えたい、人の魅力・まちの魅力」
    ゲスト:今川 和佳子、蔭山 ヅル、林 僚児   聞き手:藤 浩志
  • 20:10-21:00 刊行記念パーティ(ケータリング:料理ユニット tont)

◯全国うまいもの

  • スリーミーバーガー
    AAF参加団体「外浜まつり」のプロジェクトで誕生した、隠岐島で人気のハンバーガー。島から直送した、いか、とび魚、アジのすりみでパテをつくります。
  • ガンドブリの醤油漬け
    富山県氷見市から直送した寒ブリの前にあたるガンドブリを、AAF参加団体「ヒミング」にゆかりの深い醤油蔵の醤油で漬けました。
  •  せんべい汁
    2012年、B-1グランプリで優勝した八戸名物。AAF参加団体「酔っ払いに愛を実行委員会」のレシピでつくります。

そのほかにも、おいしいものをたくさんご用意してお待ちしています!

◯ゲストプロフィール

今川和佳子
八戸ポータルミュージアム はっち コーディネーター
八戸市出身。2011年2月、八戸市中心市街地にオープンした八戸ポータルミュージアム「はっち」開館準備スタッフとして、2008年から勤務。現在、同館にて企画運営に携わり、おもにアーティスト・イン・レジデンス事業を担当している。アーティストとともに商店街など周辺の地域の人々と関わりながら、建物を飛び出した活動を積極的に実践中。身体生理学を専攻していた大学時代に見た、ピナ・バウシュの作品に受けた衝撃と、油絵を生業とする自身の父親の姿が、現在の活動のルーツ。

蔭山ヅル
アーティスト
横浜出身。美術大学を卒業後、欧州、アフリカ、東南アジアを放浪。1992年ころより自身の制作発表とアートプロジェクトを開始。96年よりART LAB OVA(アートラボ・オーバ)として活動している。ART LAB OVAは、アーティスト・ランの非営利団体として、13坪のアートセンターを拠点に、映画館やスナック、商店街、動物園、福祉施設、学校など、まちの狭間で「場」や「出来事」を通じて「関わり」を探るアートプロジェクトを展開している。

西村佳哲
リビングワールド代表、プランニング・ディレクター、働き方研究家
1964年東京生まれ。武蔵野美術大学卒。つくる・書く・教える、三種類の仕事。建築分野を経て、ウェブサイトやミュージアム展示物、公共空間のメディアづくりなど、各種デザインプロジェクトの企画・制作ディレクションを重ねる。多摩美術大学、京都工芸繊維大学 非常勤講師。著書に『自分の仕事をつくる』(晶文社/ちくま文庫)、『自分をいかして生きる』(ちくま文庫)、『なんのための仕事?』(河出書房新社)がある。

林僚児
02年より基地の街コザ(沖縄市)にある銀天街商店街でアートプロジェクト開始。05年「スタジオ解放区」を設立。同年よりアサヒ・アート・フェスティバルに参加。商店街に簡易レジデンスと子ども解放アトリエを設置し、老若男女の美術庭を目指す。多様なメンバーと共に多岐にわたるコラボ活動やプロジェクト、民俗×アート×まちの実験を行っている。07年、地域の寺子屋として多世代交流を育む「コザ銀天大学」を設置。現在、旧暦に眠る古の世界観から伺えるアジア根底の共通文化や多様性から、アートな年中行事を生むプロジェクトを行っている。

藤浩志
美術家・藤浩志企画制作室代表・十和田市現代美術館副館長
1960年鹿児島生まれ。京都市立芸術大学大学院在学中、地域での表現活動を志向し京都情報社設立。京都中心市街地や鴨川を使った「アートネットワーク'83」の企画以来、全国各地で美術類のデモンストレーションを実践。同大学院修了後、青年海外協力隊員としてパプアニューギニア国立芸術学校勤務。都市計画事務所勤務を経て、92年藤浩志企画制作室を設立。地域資源・適正技術・協力関係を活かした「対話と地域実験」を重ね、数多くのアートプロジェクトの立ち上げに関わる。現在、福岡県糸島市在住・青森県十和田市単身赴任中。

◯お申し込み方法
AAF事務局(joho[at]asahi-artfes.net)にて受け付けております。
氏名(ふりがな)、連絡先、ご所属を明記の上、お申し込みください。

◯問い合わせ先
AAFネットワーク実行委員会事務局
〒160-0017 東京都新宿区左門町 14 番地 TH 左門町ビル 201 P3内
Tel.03-3353-6866 Fax.03-3353-6971
Email joho[at]asahi-artfes.net


主催:AAFネットワーク実行委員会
特別協賛:アサヒビール株式会社
助成:公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団


書籍情報

『地域を変えるソフトパワー』
『地域を変えるソフトパワー
アートプロジェクトがつなぐ人の知恵、まちの経験』
著者:藤浩志 AAFネットワーク
2012年12月刊行
定価:1,890円(本体1,800円+税)
発行:青幻舎
判型:四六判
総頁:256頁
並製
ISBN 978-4-86152-377-9 C0070

カテゴリ

リンク

  • 青幻社